審美歯科の材料比較 - 下北沢の歯医者 - こいぬま歯科

審美歯科の材料比較

白く被せる歯の材料比較

硬質レジン前装冠[保険]
硬質レジン前装冠写真

金属冠の表面に樹脂を張り付けた構造。保険適応なので3割負担で 8000円程度 です。

メリット デメリット
  • 前歯部では保険適応なので費用が比較的かからない
  • 色調にやや難がある。
  • 着色が着きやすく変色することがある。
  • 保険では臼歯部に使用できない。
硬質レジンジャケット冠[保険]

かぶせる歯全体を硬質の樹脂で製作されたものでで初期の見た目は比較的きれい です。かみ合わせの強くない小臼歯まで適応になります。
保険支払額合計 4000-7000円程度

メリット デメリット
  • 噛みあわせがよければ保険の範囲内で前から5番目の歯まで白くできる
  • 歯の削る量がやや多い。ブリッジや連結することはできない。
  • 変色や着色、破折しやすい。慢性的に歯肉が腫れる場合がある。
オールセラミックスクラウン[自費]
オールセラミックスクラウン

高強度のセラミクスを一体成形したもので高い生体親和性と奥歯にも使える強度を持っています。一体成型のため、前歯などでの細かい色調のグラデーションは作れません。高強度のセラミクスが開発され奥歯でも割れない白い歯が実現できます。材料にバリエーションがあり比較的低価格でも治療できるようになりました。セラミクスインレーとして全部をかぶせるのではなく部分的な詰め物としても使えます。
採用例が多いおすすめの材料です自費治療5万円~

オールセラミックスクラウンによる治療例
メリット デメリット
  • 生体親和性がよく、汚れもつきにくく歯ぐきに優しい。
  • 奥歯に使える硬さ。
  • 歯肉の黒ずみがでにくい。
  • 金属アレルギーにならない。
  • 周りの歯に色を合わせにくい場合がまれにある。
  • どちらかといえば奥歯向き
オールセラミックス冠HG[自費]

前歯、小臼歯などでの審美性を向上させるため多層構造にしたもの。見た目がより歯に近い感じになる。自費治療 76000円~

ハイブリッドセラミックス冠[自費]
ハイブリッドセラミックス冠

セラミックスの持つ審美性と耐久性、並びに硬質レジンの操作性をあわせもった、金属にかわる新しい審美修復材料。当院では技工部との共同開発により低価格を実現しましたので白い歯にしたいけれど出来るだけコストはかけたくない場合には最適です。かみ合わせの強い人や歯軋りのある人の奥歯では割れることがありあまり適しません。自費治療3万8千円~

メリット デメリット
  • 金属を使用しないので自然な色調が得られる。
  • 自費治療の中ではもっとも低価格で”白い歯”ができる。
  • 金属アレルギ-のときに使える。
  • 歯の削る量がやや多い。
  • 強度がやや劣るのでブリッジなどには使いにくい。
  • 耐久性がやや劣り特に奥歯では割れる場合がある。
  • 光沢感がやや劣る。
硬質レジン前装冠[自費]
硬質レジン前装冠

硬質のプラスチックを金属の表面に張り付けた構造。強度的に臼歯のかみ合わせの面は金属になるので下の歯ではその部分に金属が見える。 (写真右は保険の金属冠)自費治療46700円~

メリット デメリット
  • 小臼歯部などでは強度とある程度の見た目が確保できる。
  • 色調にやや難がある。
  • 着色が着きやすく変色することがある。
  • かみ合わせの面は金属なので下の奥歯ではそれが見えてしまう。
ハイブリッドセラミックス前装冠[自費]

ブリッジや強度の必要な冠等でハイブリッドセラミックス冠単独では必要な強度が得られない場合に内面に金属を用います。適度な粘りがあるため割れにくく臼歯部には特に適します。 自費治療6万3千円~

メリット デメリット
  • 必要な強度と審美性、臼歯のかみ合わせの面も白くできる。
  • セラミクスの製品に比べると色調や艶は劣る。
メタルボンド(セラミックス前装冠)[自費]
メタルボンド(セラミックス前装冠)

メタルボンドは陶材焼付冠やポーセレン冠と呼ばれているもので金属の上に陶材(セラミック)を焼きつけたものです。 (写真一番奥は金属冠です)自費治療85500円~

メリット デメリット
  • 周囲の自分の歯の色とあわせやすい。
  • 前歯、奥歯を問わず白い歯にすることができる。
  • 精度が高く適合性がいい。
  • 色艶が長く変化しない。
  • 汚れが着きにくい。
  • 硬度の高いものがぶつかると割れることがある。
  • 金属の使用のため減少傾向にある。
ジルコニアボン[自費]
ジルコニアボンド

超強度のセラミクスを金属の代わりに使用することで、丈夫でありながらさらに金属も使用しない「安全」な冠を作ることが可能です。

  • 生体親和性がよく、汚れもつきにくく歯ぐきに優しい。
  • 奥歯に使える硬さ。
  • 歯肉の黒ずみがでにくい。
  • 金属アレルギーにならない。

歯科材料として理想的な材料で従来のセラミック製品の約2~3倍の強度があります。
口腔内全てをメタルフリーなオールセラミックで補綴することが可能です。
ジルコニア自体がクラックを打ち消す方向に働き、クラックの成長による破折を防止します。
現在最も理想的な材料ともいえますが、最も高額です。自費治療11万9千円~

さらに審美性を高めるには土台作りからの改善が必要となります。通常は金属などの土台で透明性がありませんが、ファイバーコアを用いると土台にも透明性が付与されジルコニアなどのオールセラミックス冠を装着すると歯の透き通った透明感までも忠実に再現されます。
またファイバーコアはそれ自体の弾力性があるので土台となる歯の破折もしにくくなります。

ジルコニアボンド治療例

一方の歯の神経が死んでしまっているので黒く変色し、また中央が広く開いています。
変色しているほうの歯はジルコニアボンドをかぶせて修復、もう一方は歯を削らないで接着によって修復しています。若干歯の幅が広い感じにはなりましたが、見栄えは非常に回復しています。
(治療回数2回)

色調調整

色調調整イメージ

白い歯をかぶせる場合には特に回りの歯との色調の調和が必要になります。
歯は単純な均一の色で出来ているわけではなく、根元の部分、中央、先端の部分で微妙なグラディエーションで変化していて個人によっても部位によってもそれが異なります。
上記の歯は技工部で作られますが、当院ではその際にこれらを再現すべき周辺の歯を含めたデジタル撮影とキャスマッチといわれる色調あわせを用いて回りの歯との調和するように心がけています。

治療費について

治療費については患者さんの保険の種類、それぞれの歯の部位や状態によって異なります。保険の場合3割負担で表示、上記の自費診療は税別の料金で表示しています。また歯の崩壊が激しい場合は金属や樹脂の土台が必要になりますので別途費用がかかります。(自費の場合3,500円から10,000円程度)複数本治療する場合は種類の違う歯を組み合わせることも出来ます。

詳細な金額は歯の状態により異なりますので概要は電話でお問い合わせいただくか、窓口でお尋ねください。必ずしも高ければいいというものでもありませんので状況に応じて最適な治療をご案内をいたしております。