入れ歯 コーヌスクローネ ノンクラスプデンチャー
入れ歯

いたくない、よくかめる、外れない入れ歯?

入れ歯を入れた後の不満は外れやすい、よくかめない、痛いといったものが大半を占めています。原因として、入れ歯自体の設計に問題がある場合いはもちろんですが、歯ぐき自体がやせていたり、形が悪かったりといった場合もあります。上にはめた総入れ歯がなぜ落ちないかといえば、それは入れ歯がちょうど吸盤の ようになって吸着しているからです。しかし入れ歯自体は硬いものですし、歯ぐきの下には歯槽骨という骨があるので条件が悪ければすぐ落ちてしまう入れ歯になってしまいます。また歯ぐきの厚さも均一でないために力を入れてかむと痛いといった問題も生じます。

市販の入れ歯安定剤を使えばいいんじゃないか?

市販の入れ歯安定剤の注意書きをよく読むと「長期間使用しないでください」といった内容があります。入れ歯安定剤は自分で塗って使用するために厚みが均一にならず入れたときは非常にやわらかいので力がかかるところは薄くなってしまい必要なクッションが得られにくいため、長期的にはかえって歯槽骨の吸収を招いてしまいます。

生体用シリコーンを使用した入れ歯
生体用シリコーン
180,000円(税別)~

医療分野で広く使用されている生体用シリコーンを入れ歯の内面に使用した入れ歯(コンフォート)はこれらの問題を解決します。
入れ歯の内面が、弾力性があり変質しない材料で覆われるので入れ歯にかかった圧力が均等に歯ぐきにつたわるため、痛みもなくかむ力も向上します。吸着性が向上して外れにくくなります。新しく入れ歯を作る場合はもちろん今使用している入れ歯の内面に加工することも出来ます。

詳細は歯ぐきの状態や使用している入れ歯の設計によって異なりますので診察後に説明します。
※内面の薄いピンク色のところが生体用シリコーンです。

目立たない入れ歯

コーヌスクローネ
コーヌスクローネ

比較的多くの歯を失ったときの治療として部分入れ歯があります。
この場合失った歯の部位によっては機能は回復するが入れ歯をかけるための金属のばねが目立ってしまう場合があり外見上好ましくありません。
入れ歯の維持装置に特殊なものを使用していればであっても金属が外に出ない見た目にほとんどわからないものを作ることが出来ます。入れ歯の維持方法が異なるので残っている自分の歯の負担も少ないですが、それらの歯を削る必要があるのと保険外の治療となります。

コーヌスクローネ例

5番目以降の奥歯が欠損しています。このタイプの部分入れ歯では装着するとまったくわかりません。装着後数年経過しています。このタイプはコーヌスクローネというものです。
1歯8万8千円程度(税別)~(部位や構造によって異なります。)

ノンクラスプデンチャー

上記以外の通常の部分入れ歯はクラスプと呼ばれる金属のワイヤー等で残った歯にひっかけるようにして口の中に固定します。そうするとその金属が目 立ってしまい見た目によくありません。ノンクラスプデンチャーは特殊な樹脂素材によってその樹脂の持つ強い弾力性によって、残った歯に固定するためまったく金属を使用することなく部分義歯を作ることを可能にしました。装着後の調整は即日可能ですが、修理は少し日数がかかることがあります。

ノンクラスプデンチャー

12万円程度(税別)~(部位や歯数、構造によって異なります。)

磁石の入れ歯 磁性アタッチメント(マグフィットなど)

入れ歯側に強力な磁石が埋め込まれており、自分の歯には根っこを利用してそれが吸着される金属を埋め込みます。装置が完全にいればの中に入るので外からは見えません。 まったく歯がない場合はインプラントを利用することもできます。

磁性アタッチメント

矢印の部分が根面に埋め込まれたキーパーと入れ歯に埋め込まれた磁石です。 部位によってはMRI検査で画像に影響がでる場合があり、キーパーが取り外せるタイプもあります。
5万円(税別)~(部位や構造によって異なります。)

磁性アタッチメント

下の歯の前歯3本以外は入れ歯ですがほとんどわかりません。銀色の部分のうち2本に磁性アタッチメントを使用しています。

金属の入れ歯(保険適用外)

通常の保険で出来る入れ歯はレジンというプラスチックで出来ています。 強度を保つためにはある程度の厚みが必要なため、それが違和感の原因になったり、温度を伝えにくくなるので食べ物の食感に影響します。 金属で鋳造した入れ歯は非常に薄く強度があり、熱を伝えやすいので食感を損なえにくくなります。

金属の入れ歯

同一部位の部分いればの比較です。ばねの部分の強度も十分にあり、特に薄さは1/4ほどになります。使用する金属にチタンを用いるとさらに非常に軽くすることが出来ます。
金属の入れ歯は10万円程度~大きさや構造によって異なります。

金属の入れ歯

これは上記のコーヌスクローネという特殊な維持装置なので目立つバネがなく、装着してしまうとほとんど入れ歯とわかりません。

インプラントを利用した入れ歯

歯がすべてなくなって歯ぐきもやせてしまうとどうしても入れ歯が動いたり落ちてしまうことがあります。 そこで数本のインプラントを埋め込み、そこに入れ歯を固定するための装置(磁性アタッチメントなど)をいれます。入れ歯が固定されるので動いたり落ちにくくなります。